プロが教えるミラートレーダーの技

system_trade

適切なストラテジーの選び方、入れ替え方とは? プロから実践的なノウハウを教えてもらった。

1.戦略のタイプよりも通貨を分散する

ストラテジーの組み合わせをどうするか。「トレンドフォロー型とレンジ型」などタイプの分散よりも、「同じタイプで、通貨を分散するのが効果的」と語る。時期によって動く通貨が変わるためだ。適切なストラテジー数は「5~10」「5個以内」と意見が分かれた。

2.「損益曲線のトレンドライン」を引け!

チャートにトレンドラインを引くように、各ストラテジーの「損益曲線」にもトレンドラインを引くとよい、と勧める。

順調に資産が増えているストラテジーなら、谷の部分を結んだ上昇トレンドライン、成績の悪いストラテジーなら山の部分を結んだ下降トレンドラインを引く。

ブレークしたら、今後は流れが変わるサインになる。

3.「DD更新」と「ルーキーの連敗」は要注意!

同じストラテジーが永遠に勝ち続ける可能性は低い。ならばいつ見切るべきか――。「過去の最大ドローダウン率を更新した場合が最も危険」だという。

ただ、運用期間が1年以内と短い「ルーキー」の場合はこれだとシグナルを見誤る恐れがあるため、代わりに「連敗記録の更新」がシグナルになる。

4.「損小利大」「金の卵」「ベテラン」を選ぶ

ストラテジーを選ぶ際はどんな指標を重視すべきか。

「負けた時の損よりも買った時の利益が大きい『損小利大』タイプが、一番長期で勝ち続けやすい」と語る。

また「2年以上の実績がある『ベテラン』で、なおかつここ1年の調子がいい『金の卵』アイコンが付いているものが勧められる」と語る。

Comments are closed.