はじめに

system_trade

こちらのサイトではシステムトレードの基本をご案内していきます。
管理人は現役の金融マンです。
みなさんがシステムトレードを活用しながら、より有利な資産運用ができることを祈っています。

制度変更でフル板が注目

system_trade

高機能トレードツールの世界では、「フル板」という機能が急速に進化しつつある。

フル板とは、通常の上下8本ずつを表示する板情報だけでなく、ストップ高水準からストップ安水準まで全ての板情報を見られる機能のこと。

主要各社はこぞって搭載しているが、楽天証券やカブドットコム証券などはディスプレーの上下幅が許す限りウィンドウを拡大できるため、画面を何度も切り替えなくてもフル板を一覧できる。

ディスプレーを90度回転させ、縦向きにして使う人なら、さらに多くのフル板が一覧できる。もちろん、フル板の画面上からワンタッチで素早く発注することも可能だ。

フル板機能の強化がトレンドになりつつあるのには、実は理由がある。今年1月14日から、株価の呼び値の刻みが縮小されたためだ。

現状ではTOPIX100指数の構成銘柄だけだが、3000円超5000円以下の銘柄は5円刻みでしか値が付かないルールだったのが、1円刻みに。5000円超1万円以下の銘柄も、10円刻みから1円刻みと大幅に縮小された。

これにより流動性の向上などが図られたが、一種の“副作用”として、板情報が見にくくなった。何せ、株価が9000円の銘柄の場合、上下8本ずつの気配では、8992~9008円という狭い範囲の板情報しか表示できないのだ。これではフル板が使えない限り、デイトレーダーは視界を奪われたような状態になってしまう。

今年7月22日には同じTOPIX100銘柄について、株価5000円未満の銘柄で50銭刻み、1000円以下の銘柄で10銭刻みとさらに縮小。15年にはTOPIX100以外にも対象銘柄を拡大する方向で検討が進んでいる。フル板機能を強化しなければトレードツールとして生き残れないことが明白になりつつあるのだ。

こうしたトレードツールの機能は、基本的にデイトレーダーのための機能。しかし、それ以外の投資家に役立つ機能でも、探せば個性的な「すごいツール」は見つかる。

例えば楽天証券の銘柄スクリーニング機能「スーパースクリーナー」は、PERや増益率といった各種指標で銘柄を絞り込む際の操作性で優れている。数値の入力欄と検索結果が同じ画面で表示されるため、次々と数値を微調整しながら、検索結果がどう変わるかを見るといった用途に使いやすい。

また地味に便利なのが、上場全銘柄の中で、各指標がどのような分布になっているかを棒グラフで見られること。「PERは22倍くらいが中央値なので、それ以下の銘柄だけ検索しよう」というように、スクリーニング基準を決めやすい。

「未来予測」や「フル板」に注目

system_trade

長い競争を経て、ネット証券の取引機能はどこも高水準で横並びになった――と思いきや、個性的な「すごい機能」がまだまだ登場している。

ここ1~2年で登場した新機能で最も驚くべき一つが、カブドットコム証券のパソコン用高機能トレードツール「kabuステーション」に搭載された「リアルタイム株価予測」だろう。

これは一言で言うと、デイトレートにおける「少し先」の株価の動きを読み、値上がり率の予想ランキングなどを出してくれる機能だ。しかもなんと、まだ取引が始まっていない午前8時台から、その日に値上がりしそうな銘柄ランキングが表示されている。

午前8時台から、投資家が出している注文からなる「気配値」が表示されているため、気配が高い銘柄は上がりそうだ、という予測ならば誰にでもできる。ただし実際には、気配値と始値は大きく乖離することも多い。最終的に注文を付け合わせる「板寄せ」をしてみないと分からない部分も多いのだ。

リアルタイム株価予測では気配値をそのまま読むだけでなく、証券取引所と同様に市場の注文を板寄せする。それにより寄り付き以降の株価を高精度で予測できるのだという。市場に飛び交う注文は、いわば証券会社が持つ「ビッグデータ」。それを分析することで「未来予測」を行えるという訳だ。

単に始値がどれだけ高く(低く)なりそうかだけでなく、「売買高がどの程度になりそうか」「どれだけ激しく株価が上下しそうか」も予想でき、その日のデイトレード銘柄を絞り込むのにはうってつけだ。

始値だけでなく、「終値の予測」もできる。「引け成り」「引け指し」という、大引けでの売買を予約しておくタイプの注文方式があるが、この注文がどれだけ出ているかは、実はザラ場でも見られる。そのため、寄り付き時同様の板寄せを行うことで、終値で株価がどう動きそうかを予想できるというのだ。

必ず当たる保証はないが、引けで大きく上がりそうな銘柄を直前に買う手法は面白いかもしれない。

次のトレンドは“半シストレ”?

system_trade

ミラートレーダーが好調なインヴァスト証券がこの3月、FXの新サービス「トライオート」を始めた。これはシストレと、人間が売買タイミングを判断する裁量トレードの「いいとこ取り」を狙ったサービスだ。

利用者はまず今後の相場が円高か円安か、またはレンジ相場なのかという大まかなトレンドを自分で予測。

その後「勝率重視なのか利幅重視なのか」などの方針を選んでいくと、最終的に「すぐにドルを買って、30銭円安になったら決済し、その後10銭動いたら再度買い」といった具体的な売買戦略が決まる。

何銭の値幅で売買するかなどは微調整が可能だ。

既存のストラテジーにお任せするだけで、具体的な売買基準がブラックボックスになっているシストレと比べて、相場を読む楽しさも味わえる。こういった“半シストレ”とでもいうべきサービスは、昨年12月にジャパンネット銀行が「連続IFDOCO注文」を始めるなど増えつつある。

イマイチ日本では人気が高まらない「開発型」のMT4も、徐々に状況が変わるかもしれない。

MT4ではもともと、他の人が作ったストラテジー(EA)を買って自分で使える仕組みがあるが、従来よりも気軽に買えるウェブサイト「マーケットプレイス」の運用が昨年秋に始まった。日本のユーザーにとってのハードルも、今後は下がっていく可能性がある。

ミラートレーダーの開発元であるトレーデンシー社は「株式版のミラートレーダー」開始にも意欲を見せるなど、シストレの進化、多様化は今後も止まらなそうだ。

トレンド1 : 「裁量」と「シストレ」のいいとこ取りが増える

大まかな相場観と戦略は人間が判断し、具体的な発注はシステムに任せるタイプのサービスが増加。インヴァスト証券のほか、ジャパンネット銀行も最大9個まで注文を自動設定できるサービスを開始。

トレンド2 : 開発型もカンタンに?

一種のプログラムを書く必要があることなど、普通のユーザーにとっては取っつきにくいMT4だが、海外では気軽にEAが買える「マーケットプレイス」が始まった。プログラム知識なしでもEAが作れるサービスも登場している。

トレンド3 : 株でもミラートレーダーが?

ミラートレーダーが日本株に対応し、発注まで全自動の日本株シストレが実現するかもしれない。開発元であるイスラエルのトレーデンシー社は「日本株にも対応させたい」と意欲を見せ、既に提携を打診している先もあると明かした。

通貨と比べて株の銘柄数は圧倒的に多く複雑なため技術的なハードルは高いが、制度的な障害は少ないという。同社は「最初に導入する証券会社は有利な立場に立てるだろう」と話す。数年以内に実現する可能性も。